さのくら

カミサマから教えてもらったこと あの世から教えてもらったこと 人から教えてもらったこと 

カミは代金など請求しません

邪(よこしま)な者が紛れて

善きことを語る

いつの時代も翻弄されるのは無垢な者たち

これからは

善き者はより善く

邪(よこしま)な者はより道をはずれていく

 

善き人であろうとすることをあきらめないでほしい

 

善き事を語る(広める)のに経済は発生しない

 

これは強力なリトマス試験紙となる

 

 

 

 

ホンモノを見抜け

神道には外来の別物が入り込んでいる

数千年が経ち

我が物顔で跋扈している

気付く者はいないのか

ニセモノの中に紛れたホンモノを洗い出せ

 

 

その8

多文化主義などという美辞麗句をつらねて

人々を先導する輩がいる。

彼らが言うには

世の中にはありとあらゆる差別が存在し

マイノリティーは常に虐げられているらしい。

世の中に存在する差は

相手を傷つけてしまいかねないので

差は均一化されるべきだ。

 

そして彼らは批判する

世の中を徹底的に批判する

 

批判するというある意味とても単純な手法は

何ら生産敵でないように見える。

 

ところが極めて錬磨された手法なのである。

 

批判にさらされると

人は言い知れぬ疎外感に心を蝕まれ

世の中とはなんと嫌な所だろうという厭世観に支配される。

 

万が一世の転覆(革命)をもくろむ彼らの存在に気付いた者が現れたとしても

最終的に彼らの手法にまんまと組み込まれていくことを知っているので

 

意気揚々と御旗を掲げ我こそ正義と立ち向かってくる敵は

彼らの一加担者にすぎぬと うすら笑っておしまいなのだ

 

批判に批判が加われば

人々の疎外感と厭世観はますます深くなることを

彼らは知っているからだ

 

マスコミにしろネットにしろ

批判祭り

仕掛けたやつら(大元)は

さぞ 満足しているだろう

 

こうした救いようのないスパイラルに

巻き込まれない人々がほんのわずか世界には存在している

 

彼らのことはカミサマがよくお守りになっている

 

鉢かづき姫のように

鉢をかぶせられているので

彼らは表舞台には出てこない

 

 

 

 

その7

まつろわぬ民として

征伐された(ということになっている)

クマソの末裔は

いまだ健在である

 

弱者利権が見向きもしなかったおかげで

彼らは真実を語れる数少ない人々だ

 

彼らの中にホンモノの日本がある

 

 

 

その6

日本をよくしたい!

と叫ぶ保守ビジネスが花盛り

 

旗振りは

額に汗して働かない

 

セミナー コンサル

東奔西走

集客 集金

 

プチ教祖

心清らかで

自分には力がないけど

日本を良くしたいと願う人々の

魂を喰らって

肥え太る妖魔には注意あそばせ

その4

ご利益を求めて

名だたるパワースポット

有名なパワーパーソンにであって

満足している人が

 

帰りの空港で

清掃員さんが道を譲ったことに

お礼を言わない

 

カミサマはよ~く見られています

 

名だたるパワースポット

パワーパーソンとつながったところで

手にした砂金が

指の間からただの砂になって落ちていくだけです

 

 

 

その3

この神社は神様に呼ばれた人しか行けないの

 

よく聞く話ですが

 

大抵それを口にする人は

すでに行ったか

これから行く予定(確実)のある人

 

それ 錯覚です

 

カミサマはそういう選別はなさいません

 

それを口にした瞬間に

欲の虜になります

選ばれたナニモノかになろうとするニンゲンのことなど

 

お心にもとめられていません

 

 

一生懸命に毎日働く人間を

何よりかわいく思われているのが

日本のカミサマです